さらっとつけられる!ブレスレットで手首にアクセント

ファッションの系統に合わせて!素材選びのポイント

ブレスレットを選ぶときは、普段のファッションの系統に合わせた素材を選ぶことが大切です。たとえば、大人っぽいファッションが好きな場合は重厚感のあるシルバーがおすすめです。チェーンのものを選べば、クールなアクセントになります。ナチュラルなファッションを好む方には、レザーが適しています。質の高いレザーを選べば、経年による色や質感の変化を楽しめるでしょう。

ゴールドを選ぶという選択肢もあります。細くてシンプルなデザインのものを選ぶことで、上品に身につけられます。ゴールドの太いブレスレットは、やや厳つい雰囲気になるため注意してください。なお、腕時計をつける方は、腕時計とのバランスも重視する必要があります。素材や色などを合わせて統一感を出しましょう。

腕の太さに合うサイズを見極めよう

気に入るデザインのブレスレットを見つけても、サイズが合わなければ身につけられません。そこで、事前に腕の太さを測ることをおすすめします。家族や友人などに測ってもらう場合は、メジャーや紐を使いましょう。手首の骨が出ているところよりも1cmほど下の部分を測ります。マスキングテープを使えば1人でも測定できます。手首にマスキングテープを巻いて、その長さを測ってください。

以上のような方法で腕の太さが分かったら、その数字よりも0.5~1cm程度長いブレスレットを選びましょう。ただし、素材やメーカーによってサイズ感は異なります。チェーンであれば多少調節できますが、バングルの場合はあまり調節できません。サイズ選びが不安な場合は、試着して購入することが大切です。

男の脱毛をするときの注意点としては、脱毛前後は肌に負担をかけないために日焼けは避ける、脱毛後は体温を上昇させないために飲酒や運動を行わないようにします。